カーテンのスタイル

生地とサイズを選んだら、カートに入れて注文ボタン・・・ちょっと待ってください。
スタイル選びは、カーテンにとって生地選びと同じくらい重要な要素です。
洋服にもTPOに合わせて様々なスタイルがあるように、カーテンも目指すお部屋の雰囲気に似合うスタイルを選びたいもの。
生地にこだわるあなたなら、是非スタイルにもこだわってみてください。

プリーツスタイル

カーテンと言えば一般的にイメージされるスタイルでしょう。
カーテン上部に2つ、または3つのヒダをつまんだ山をつくり、きちんとプリーツ(折り目)をとることで、布に波をつくり、立体的に見せます。
アイロンをかけてビシっと折り目の決まったパンツやプリーツスカートのような、フォーマルなイメージです。
上部に3ツ山をとり、2倍、2.5倍の生地を使った仕上げもありますが、ナチュラルさを求める天然素材のカーテンの場合は、きちっとし過ぎてしまうので、仕上り幅の1.5倍の生地を使った2ツ山1.5倍プリーツのほうがおすすめです。

 

cs-p1.5style1 cs-p1.5style2
1.5p-5

 

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

pl1 pl2 pl3 pl4

フラットスタイル

上部にプリーツを作らないので、カーテンを閉めたとき、1枚の布をかけたようにシンプルに仕上ります。
ビシっとした折り目がなく、洗いざらしのシャツや、ジーンズのようなカジュアルな印象です。
当店ではリネンやコットンのカーテンには一番似合うスタイルだと思っています。
窓幅の1.1倍程度の生地幅で仕立てると、ほぼフラットでシンプルな印象になりますし、1.2倍のフラットスタイルなら、流れるような柔らかい自然のドレープ(ヒダやたるみ)が生まれて表情が豊かになります。
プリーツスタイルに比べて使用する生地が少なくてすみますので、価格が抑えられるのも魅力です。

cs-fl-style1 cs-fl-l4

fll250-7

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

fl1 fl2 fl3 fl4

fl-style1b

 

フラットリネンテープスタイル

上部に小さなハトメを打った、折返しのリネンの生地をテープ状に仕立て、異なる生地をメインとしてつくるカーテンです。ハトメ穴を利用してリングやフックで引っ掛けるか、紐でリボンスタイルのように吊るして使います。
日本ではあまりお目にかからない、インテリアの洋書に出てくるようなスタイルです。
フラットスタイルの場合は、フックを付けるためにポリエステル製のフラットテープという芯地を使う必要があり、それが硬さやカーテンを閉めた時の反発を生みますが、リネンテープの場合はそれがないので、ゆるく波打ったような仕上りになります。

cs-fl-linen1 cs-fl-linen2 cs-fl-linen4

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

fllt1 fllt3 fllt2 hl-sm

ハトメスタイル

上部にハトメを打ち、ポールに通すだけのスタイルです。
プリーツスタイルが豪華で装飾的なドレープをつくるのに対し、ハトメスタイルはよりカジュアルで、大きめのゆったりとしたドレープをつくります。
こちらも海外では人気のスタイルですが、開け閉めの際にスムーズでないとか、機能重視な人が多い(?)日本ではあまり選ばれません。。。
窓だけでなく、部屋の間仕切りや収納の目隠しなどにもおすすめです。

cs-htm-style1

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

hatome1

タブスタイル(ループスタイル)

共布やレース(トリム)で輪を作り、のれんのようにポールにそのまま通すスタイルです。
フックやリングなど、布以外の素材を使っていないので、最もナチュラルな雰囲気をつくってくれます。
リングやランナーを使わないため、開け閉めの動きはスムーズでないため、頻繁に開け閉めするような場所には適ず、部屋の間仕切りや収納の目隠しなどに使われることも多いスタイルです。

 

 cs-loop-style1 loop250-1

loop250-3

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

tab1 tab2 tab3 tab4

リボンスタイル

共布のリボンでポールに直接結ぶスタイルです。リボンの並ぶ姿がかわいらしく、女性にはとても人気があります。
ポールに結んでしまうため、タブスタイルと同様に開閉をしない場所や、間仕切り・収納目隠しなどに適しています。

cs-ribon-style1 cs-ribon-style2

cs-ribon-style3

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

ribb1 ribb2

 

筒縫いポール通しスタイル

 上部を筒縫いし、ポールに通すスタイルです。
窓幅の1.5倍ほどの生地幅を使うとくしゅっとギャザーが寄り、ガーリーに仕上がります。
上部の生地立ち上がりの有無でも印象が変わります。また、フラットにすっきり仕上げることもできます。

 style-pole pl250-1
上部立上げあり
pl250-3
上部立上げなし
pl250-4

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

pole1 pole2 pole3

プレーンシェード

生地をたたみ上げるスタイルです。チェーン操作で上げ下げし、開閉します。
いわゆるカーテンとの一番の違いは、カーテンが左右に布がたまりますが、シェードは上にたまるので、スッキリした印象を与えます。
閉めたときは「窓を覆うフラットな布」になるため、非常にスッキリとして、シンプルなインテリアを求めている方や男性にも好きな方が多いです。
小窓だけでなく、掃出しサイズの大きな窓にも使われますが、出入りのある掃出し窓ですと、カーテンのように横にめくって出入りすることができず、一度たたみ上げないといけないため、不便も感じられます。

正面付けプレンシェード

窓枠の上の壁に金具を取り付けます。 窓よりひと回り大きく、全体を覆う仕上げです。正面付けプレーンシェード

天井付けプレーンシェード

窓枠の天井部分に金具を取り付けます。 窓枠の内側に収まる仕上げです。

ps1 ps2 ps3
sh250-2 sh250-1 sh250-3

ギャラリー ※クリックで画像拡大出来ます。

ps4 ps5 ps6

フック

 ■Aフック

カーテンを吊ったときに正面からレールが見えるタイプです。 天井にレールが付いている場合や、装飾レールでレールを見せたい場合に使います。

ahook1

 ■Bフック

カーテンを吊ったときにカーテンがレールを隠してしまうタイプです。 壁付けの機能レールなどを見せたくない場合などに使います。

bhook1

リネンカーテンのスタイル

リネンカーテンのトリム

リネンカーテンのアクセ



リネンカーテンのインスタ
リネンカーテン工務店様
リネンカーテンオーダー確認事項
ページ上部へ戻る